2012年5月 のアーカイブ

海の森の音楽祭『彩巡る森』

2012.5.31.木.
海の森の音楽祭「彩巡る森」特別インタビューはこちら
●彩巡る森 Trio Session {向山聡孝(g) / 梅津和時(sax) 川崎昭(from mouse on the keys)(ds)}   HP HP
●向山聡孝 Solo  HP
●LLama  HP

●toto(from SUIKA)  HP

Vj : mitchel  HP

Art : azusa  HP

Shop : 杉澤爪具店  HP

開 18:30 演 19:00 ・ 前 2,800 当3,300  +1D(500)

ご到着順入場

メールでの ご予約

電話でのご 予約

『山木秀夫×和田アキラ』 inprovisation &…

2012.5.30.水.

山木秀夫Dr HP
和田アキラGt HP

+岡雄三B
渡部チェルKey

山木秀夫(Dr) 和田アキラ(Gt)Duoの即興演奏と岡雄三(B)渡部チェル(Key)を迎えて4人で&…?
この壮絶な演奏を是非、生で体感してください!

開 18:30 演 19:30 ・ 前 5,000 当5,500 +1D 500
ご到着順入場

メールでのご予約

電話でのご予約

「THIS BEAT」

2012.5.29.火.

DE DE MOUSE + his drummer (Akinori Yamamoto from LITE) HP

ペトロールズ HP

開 18:30 演 19:30 ・ 前 3,000 当 3,500 +1D 500


整理番号順入場

本公演は予定枚数に達した為、予約受付を終了いたしました。誠にありがとうございます。

当日券は整理券を18:00より若干枚数お出し致します。ほんの数枚ですのでお断りする場合もございます。ご注意くださいませ。

【DE DE MOUSE + his drummer (Akinori Yamamoto from LITE)】

チベット、インドネシアなどの民族音楽の歌、子供の声からソウルフルなヴォーカルまで、多彩な素材を緻密にチョップ&エディットした印象的なメロディ。

独特なコード進行の上を飛び交うきらびやかなシンセサイザーサウンドに、ブレイクコアまでも連想させる緻密だがアクセントの強いビート。

アシッドハウスからアーメンブレイク、ヒップホップからフュージョンまで様々なキーワードをリンク/融合させ、新たな可能性を体現するエレクトロニック・シーンの異端児DE DE MOUSE(デデマウス)。

誰にも真似出来ないイマジネーション豊かな楽曲に加え、ツインドラムを従えたアグレッシブなバンドアンサンブルから大胆にエディットし直されたダンスセットまで、ライブスタイルも独創的でエネルギーに溢れている。音源、パフォーマンス共に国内外問わず多数のアーティストやクリエイター達から強力に支持され、ファッション、ゲーム、グラフィック等、あらゆるジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。

【ペトロールズ】

長岡亮介、三浦淳悟、そして河村俊秀の3人組。クルマ好きの長岡が英国でガソリン を意味するペトロールという言葉をグループ名に冠して2005年に結成。独自のペース で活動を続け、その愛好家は着実に増え続けている。どこにもいない3人組を目指し ている。

Pot heads×Coil

2012.5.28.月.


Pot heads  (佐藤芳明acc,鳥越啓介b,田中栄二ds) HP

Coil (鬼怒無月g,中山努key,早川岳晴b,田中栄二ds)

開 18:30 演 19:30 ・ 前 3,500 当 4,000 +1D 500

ご到着順入場

メールでのご予約

電話でのご予約

沢田聖子 アニバーサリーライブ~LOVE&SMILE

2012.5.27.日.

沢田聖子  HP

開 18:00 演 18:30 ・ 前 5,000 当5,500 +1D 500
整理番号順入場
当日券は若干枚数お出し致します。
尚お立見となりますのでご了承ください。
発売日:3月25日(日)

メールでのご予約 (3月25日0:00~)

電話でのご予約 (3月25日15:00~)

【昼】「今日の私が、思うこと。」

2012.5.27.日.

銀色夏生 HP

ゲスト:チャンパック HP

開 11:00 演 11:30 ・ 前 5,000 当5,000(若干枚数) +1D 500
 
 
追加席「晴れ豆シート(見切れ席)」は完売いたしました。
たくさんのお申込みありがとうございました。
晴れ豆シート 2,500+1D 500
 
発売日:5/6(日)0:00~(メール予約のみ
 
※「晴れ豆シート」は見切れ席になります。出演者の姿が見えにくい可能性がございます。
また、今回の追加販売は若干枚数で、先着順になります。

 
 
整理番号順入場

あらかじめご了承くださいませ。

やさしいきもち-wedding party-

2012.5.26.土.

やさしいきもちウェディングパーティーは、青山月見ル君想フと代官山晴れたら空に豆まいてをベースに、あなたのパーティーを個性的に演出します。お気軽にご相談ください。

HP blog

【昼】Acoustic Collection ♯02

2012.5.26.土.

Cure Rubbish HP

開 11:30 演 12:00 ・ 前 3,000 当 3,500 +1D 500

整理番号入場

チケット販売【各プレイガイドのみで取り扱い】
※4/15分、5/26分 同時販売です。

先行抽選販売
受付 2/24(金)18:00~3/7(水)23:00
受付URL: http://pia.jp/sp/curerubbish-of/ (PC・携帯共通)

※お一人様、各公演4枚まで

一般発売

受付 3/25(日)~

※詳細はオフィシャルHPをご覧ください

公演に関するお問い合わせ
ディスクガレージ 050-5533-0888

OTONOOTO

2012.5.25.金.

シンガポールで活躍するピアニスト、関根綾が、昨年10月の初登場以来2度目の

晴れ豆登場!!日本ツアーの最終日に、今回の為に組まれたスペシャルユニットでの登場です!

お相手は、関根綾と旧知の仲であるMUSIC FROM THE MARS!

そして、神戸より緊急参戦決定!ShinSight Trioより、Shin-Ski a.k.a ALMA DE STELLA!

ROCK、JAZZ、hiphop、ハードコア、即興とジャンルを超えて一筋縄ではいかない音楽家達が一堂に会します!

この機会をお見逃し無く!!!

●AYASCHOOL : TOKYO!!!    HP
Special Improv Session feat.
望月阿太郎 aka Ataraw (Dubwize, voice / Groundcover)
関根綾 (pf / Ayaschool / from Singapore)

※出演を予定しておりました山本達久さんは、怪我のため急遽出演キャンセルとなりました。
何卒ご了承お願い致します。

●MUSIC FROM THE MARS  HP

●Shin-Ski a.k.a ALMA DE STELLA   myspace ←NEW

opening act  AFTO HP ←NEW

開 18:30 演 19:00 ・ 前 2,800 当3,300  +1D(500)

*開演時間が19:30より19:00へと変更致しました。何卒よろしくお願い致します。

到着順入場

メールでの ご予約

電話でのご 予約

初夏のニュース

2012.5.24.木.


いつか blog

ハンサムケンヤ HP

渡辺マナミ blog

ささやかな blog

開 18:30 演 19:00 ・ 前 2,500 当 3,000 +1D 500

ご到着順入場

メールでのご予約

電話でのご予約

AFTERHOURS presents Closet Mix #35 One Night Release Party KIRA KIRA

2012.5.23.水.

KIRA KIRA HP myspace vimeo

opening act :Maher Shalal Hash Baz myspace

KIRA KIRA、4年ぶりの来日公演がついに決定! 今回はコントラバス、トランペットを含めた総勢4人での演奏で、最新作にして最高傑作『フェザーマグネティック』を再現する。

開 19:00 演 19:30 ・ 前 4,000 当4,500  +1D(500)

ご到着順入場

プレイガイド

チケットぴあ(0570-02-9999,Pコード: 167-800)

ローソンチケット(0570-084-003,Lコード: 75127)

e+(http://eplus.jp)

メールでの ご予約

電話でのご 予約

協力/アイスランド大使館

Total Information

AFTERHOURS

tel/ / 03-3412-9930

e-mail / afterhours@eva.hi-ho.ne.jp

web / www.afterhoursmagazine.jp

東京は好きですかvol.2

2012.5.22.火.


五組のアーティストが、
東京という街で音楽を奏でて来て、
何を感じ何を想い何が変わったのか。
そしてこれから何を唄って行くのか。

強い意志が乗り移った歌声にシンクロしたらきっと、
この日の帰り道「東京」の景色や匂いが、
少し変わっているかもしれません。

和紗 HP

加賀谷はつみ HP

前田知香 blog

山口貴大 HP

はるのまい HP

開 18:00 演 18:30 ・ 前 2,300 当 2,800 +1D 500


ご到着順入場

メールでの ご予約

電話でのご 予約

未見の都

2012.5.21.月.

潮田雄一(QUATTRO) HP

LOOLOWNINGEN KOVITO ENSEMBLE  HP

よしむらひらく HP

張泰山(from 泰山に遊ぶ) HP

桟敷ステージ:ハシダカズマ(from 箱庭の室内楽)  soundcloud

開 18:30 演 19:00 ・ 前 2,300 当 2,800 +1D 500

到着順入場

メールでのご予約

電話でのご予約

青空のごとく

2012.5.20.日.



KUMAMI HP

松藤量平 HP

Bingo Mayu HP

鼎-tei- Facebook

開 18:30 演 19:00 ・ 前 2,500 当 3,000 +1D 500

ご到着順入場

メールでのご予約

電話でのご予約

やさしいきもち-wedding party-

2012.5.20.日.

やさしいきもちウェディングパーティーは、青山月見ル君想フと代官山晴れたら空に豆まいてをベースに、あなたのパーティーを個性的に演出します。お 気軽に ご相談ください。

HP blog

【深】bluestars night 「5月と恋がやってきた。」

2012.5.19.土.

*Guest LIVE*
mig

*DJs*
chicchi
yusa
町田町子
maruo
morishi!
tsuge
looser matsumoto
tutti
yngw
Kato-chang Jr.

*VJ*
cryv

開24:00 演24:00

料金2,000(1D込み)

*未成年の方はご入場頂けません

*入場時要顔写真付きID

深緑にたゆたう。

2012.5.19.土.

Tyiro le graphco (from Ending Story of Da~ni_da)  myspace

urucomeco  HP

フラワーチルドレン blog

cemurinome  blog

開 18:00 演 18:30 ・ 前 2,300 当 2,800 +1D 500

到着順入場

メールでのご予約

電話でのご予約

「スロドラ豆! ~週末を はじめよう~」

2012.5.18.金.

スロウドラマ  HP
Guest:伊藤サチコ  HP

開 19:00 演 19:30 ・ 前2,500 当 3,000 +1D 500

ご到着順入場

夏の途中

2012.5.17.木.

我那覇美奈 blog

日比谷カタン HP

本夛マキ blog

近藤薫 HP

開 18:30 演 19:00 ・ 前 3,000 当 3,500 +1D 500

ご到着順入場

メールでのご予約

電話でのご予約

海の森の音楽祭『彩巡る森』特別インタビュー

2012.5.17.木.

“nego”や”旅団”、ドラびでおとのユニット”BRICOLAGE”等で活躍する向山聡孝と、”nego”や”L.E.D.” ”あらかじめ決められた恋人たちへ”等のVJも手掛ける映像作家mitchel、そして旅団「Terra Incognita」、「Iyaoi Rhythm」、sgt.「perseption of causality」のアートワークを手掛けたグラフィックデザイナー・イラストレーターazusaの三人で開催し続けている、-物語る映像と即興演奏の祭典-『海の森の音楽祭』
第8回目『彩巡る森』が5月31日に開催される。その魅力を探るべくインタビューを敢行!

―まず「海の森の音楽祭」開催の経緯を教えて頂けますか?

向山:「海の森の音楽祭」は、2008年4月、辻コースケさんの回からスタートしました。

その前に旅団でDUODUOというメンバー同士で即興演奏をするミッドナイトイベントを企画していて、その派生で即興演奏のイベントをバンド名義ではなくソロ名義で開催してみようと思った事、そしてこの三人で一つの作品を作り上げたいという思いがあって立ち上げたイベントが「海の森の音楽祭」になります。

―それぞれの出会いはどういったものでしょうか?

向山:azusaは僕がgasbagというバンドをやっていた時、高円寺のGEARに共通の友人のライブを観に行った時に出会い、 当時彼女がカメラマンのアシスタントをやっているという話を聞いて、gasbagの写真を撮ってもらったり、CDジャケットを作ってもらったりするようになりました。mitchelはバチルス解放区の珠洲の紹介で知り合い、僕のライブ映像を撮ってくれるようになって、その後、僕がsgt.に加入してからもmichelがライブ映像を撮ってくれていて、azusaがsgt.の1st mini album「perception of causality」のジャケットを書いてくれたり、フライヤーを作ってくれたりして、そのあたりからazsaが絵を描き、michelが映像を作るという関係性が徐々に出来てきて。

michel:それから僕が(向山在籍の)旅団でVJをやりたいと思いだして、代官山unitで開催した旅団の2ndアルバムのリリースパーティあたりからVJを始めたんです。

向山:その時のLiveのオープニングでazusaの絵をmichelがVJで動かしたのが今の三人の関係の原型です。

― イベントタイトル、コンセプトについてお聞かせ下さい。

向山:即興演奏の“辺境な雰囲気”というのは一般の人には敷居が高く、来にくい雰囲気があるので、自分の中でかわいらしく親しみやすいイベントタイトルにしたいという希望がありました。

そんな中、僕の音楽のイメージの中に“深海”や“海溝”というのものがあり、即興演奏でもそのイメージを目指していて、そのイメージを言葉にした時、海の中の森なのかなと。

自分の音楽のテーマとして海の森を打ち出した。それが海の森の音楽祭です。

azusa:第一回のサブタイトルと一緒にタイトルを決めたんだったと思う。

「海の底に眠る、たゆたふ森のストーリー 」

あれがコンセプトになっていて、その続編が続いているという感じ。

(絵:たゆたふ森のストーリー)

azusa:最初はざっくりとした色の様なイメージがあって、そこからゲスト陣を決めて、そこからタイトルがしっかり決まり、描く絵も決まり、最後に映像が決まるという流れがあります。

向山:まずテーマ決めがあってそのテーマに沿ってazusaがフライヤーなどのビジュアルを作って、その後に会場に展示する絵を作り、その絵のパーツをデジタルデータでmitchelに送り、そのパーツをmitchelが動かしてライブに投影する、そのようにテーマ・イメージを巡らせて 一つの作品にするのが主旨として固まってきている。

第一回目からだんだんその流れが明確になってきている。

向山:今回の「彩巡る森」は、季節が五月という事と前回まで「深海のすき間」、「インナー・フォレスト」とドープな感じが続いたので、一回深いところから上がって綺麗な色合いで表現してみようかというテーマです。前回が一昨年の九月で、しばらくazusaの産休があったので一年半ぶりの新作です。

―インナーフォレストの絵が胎内のイメージにも思えましたが、ご自身の妊娠や出産という経験が絵にも影響しているのでしょうか?

azusa:まだ描いている途中ですが、そういう感じになるかなと思っています。

そうしようというよりは、そうなりそうかなといった感じ。

前回の絵が外側暗くて内側が明るく、光を内包している感じだったのでその内包していたものが外に出てくるものになりそう。

向山:今まで固まった絵のパーツを動かすだけでVJにはライブ感がそんなになかったのですが、今回はVJにドローイングや即興の絵のビジュアル要素を入れてライブ感を出し、VJの方でも見ごたえの有るものにしたいです。

azusa:VJも絵もその時出来上がるものを入れようかなと考えています。

―VJのドローイングとは具体的にどういったものでしょうか?

mitchel:マーブリングといった手法で、水を張ってそこにインクで模様を描きます。それをビデオカメラで撮って、ビデオミキサーを介して映像と混ぜて、投影するという手法もエッセンスとしていれようと考えています。

―それは他のVJの際にも使用している手法なのでしょうか?

mitchel:この前“あらかじめ決められた恋人たちへ”のリキッドルームのワンマンで一曲だけその手法を取り入れてやったことがあります。その時は、出来上がっている曲に合わせるという形だったんですが、今回即興演奏ということもあり水面の感じも出るので「海の森の音楽祭」のテーマによりマッチするのではないかと思っています。

―mitchelさんは現在、様々なバンドのVJをやっていますが、即興でVJをしているのでしょうか?それともある程度決めてやっているのでしょうか?

mitchel:“nego”に関してはガチガチに決まっているのですが、それ以外の“あらかじめ決められた恋人たちへ”や“L.E.D.”のVJをやる時はまず曲を聴いて、テーマを自分の中で決めて、練習は一切せずに、その場その場の感覚でやっている事が多いです。なので比較的に「海の森の音楽祭」でやっていることに近いのですが「海の森の音楽祭」のVJはazusaさんが描いた海の森の音楽祭用の素材が沢山あってそれを僕のVJの映像と混ぜているので他のVJでやっている時とは全く違う形の映像が出ています。

向山:海の森の音楽祭の素材は他では観られないです。

いつかは映像作品にしたいんですけど。もう少したまってからですね。

映像作品になった時は「海の森の音楽祭」の一つの完結だと思っています。

―今回の演奏者を誘った経緯をお聞かせ下さい

向山:去年くらいから第8回目の話を進めていっている中で、次は絶対梅津さんとやりたいという話をしていて、はじめは梅津さんとデュオを考えていたんですけど、ドラムには川崎さんに入ってもらいたくて、今回初めてゲストとのデュオ無し、トリオ編成のみの長尺セッションをやることを決めました。

対バンのLLamaやtotoさんはお店との話し合いで挙がって、好きなアーティストだったので是非、ということで決まりました。

―梅津和時さん、川崎昭さんとの出会いの話を聞かせてください。

向山:梅津さんの演奏を初めて観たのはかなり前のことですがnestの何かのイベントで、梅津さんが6階のラウンジスペースで吹き語りをしていた時で、とても感動しました。

その後、梅津さんの“KIKIBAND”と横浜の7th Avenueで“旅団”とご一緒させてもらう機会があり、そこで初めてお話させて頂き、いつか是非ご一緒させて欲しいと話をして、ようやく今回実現できました。

川崎さんはもともと僕が“NINE DAYS WONDER”ファンだったので実際出会ったのは10年くらい前です。

仲良くさせてもらっているのはここ最近で、“nego”のイベントに“mouse on the keys”で出てもらった時に、「いつか一緒に何かを作り上げたいね」みたいな話をしていて今回の話に至りました。もちろん川崎さんと梅津さん僕の三人は初演です。

mitchel:どんな感じになるんだろうね?

―イメージはありますか?

向山:ドラム、サックス、ギターの編成は藤原さん芳垣さん僕という編成があったから、音が全く想像できないかというとそうでも無いけど、そのトリオとはそれぞれ全くタイプの違うプレイヤーなので、それがどうなるかっていうのが楽しみです。あまり想像しないようにしています。

―即興演奏をされる際に、この人と演奏をしたら、こんな音が出るだろう等というイメージは事前にあるのでしょうか?

向山:あります。

―それはやはり毎回イメージと違ったものになるのでしょうか?

向山:違ったものになりますね(笑)。イメージ通りにいったのは多分芳垣さんの回ぐらいかな。

イメージ通りにいく事も良い事ですし、イメージ通りにいかない事も発見があり勉強になったなと言えます。

本当に何も決めないでガチンコでやっているので最初の5分~10分はやっぱり会話になって、そこから先は想像して演奏をしたくないし、どうなるのか先が分らないのが好きでやっています。

― LLamaとtotoさんの印象についてお聞かせ下さい。

向山:“LLama”は“nego”のツアーで京都に行った時に“middle9”の紹介で初めて対バンして、吉岡さんの声の印象と柔らかいタッチの演奏で、難しい事をやっていてもスーッと入ってくるイメージ、そして僕の中で森の男たちが演奏をしている印象があって(笑)、いつか企画に誘いたいなと思っていました。

“toto”さんは僕とazusaが“suika”のファンで、今回ラインナップの相談をしている時に“toto”さんのソロはどうですか?と提案頂いた時に凄く「海の森の音楽祭」と合いそうだなと思ったので、実際に出演が決まってとても楽しみです。

― LLamaやtotoさんのVJをするにあたって、即興演奏でのVJをする時と意識の違いはありますか?

mitchel:即興演奏のVJと意識は違うんですけど、やっぱり「海の森の音楽祭」という事なので、「海の森の音楽祭」の世界観は出したいと思っているのですが、彼らは彼らで出したい世界観があると思うので、二つの世界観が融合している感じを表現できるようにVJをします。相見えれば良いんですけど、相見えない可能性もあったりするので一番難しいところでもあります。

―「海の森の音楽祭」では今まで先輩たちと演奏をしていますが同世代の音楽家とは演奏しないのでしょうか?

向山:「海の森の音楽祭」に関しては先輩たちと演奏するというのが一つテーマとしてあります。

「海の森の音楽祭」のスピンオフ的な企画で同世代の気になるギタリスト6人を誘って演奏する「36弦の共鳴」というのもありますが、本編は僕の欲求のまま、先輩と演奏するというものにしています。

―今の段階で今後この人とやりたいというのはありますか?

向山:具体的に考えるのはまず5月成功させてからですが、ピアニストとやりたいという思いはありつつも、ドラマーとの演奏が一番燃えるというのもあります。今のところ楽器でしか考えていないですね。

―即興演奏をやり始めたきっかけって何だったのでしょうか?

向山:ターニングポイントになる大きな出来事は“旅団”で奄美大島の「けんむんマンディ06」に出演した時に辻コースケさん、藤原大輔さん、勝井祐二さん、坂本龍一さんと同じステージに立って、一時間ほど即興演奏をする機会があり、その時に何もできない自分が歯がゆく感じ、そこから即興に対して自分の演奏や世界を確立させたいと思い始めました。

その時の勝井さんの即興演奏は本当に素晴らしくて憧れでした。そこが起点としてあるといっていいと思います。

―これまで、「海の森の音楽祭」以外でも色々な方々と即興演奏をされて来ていますが他にもターニングポイントってありますか?

向山:一楽さん(ドラびでお)と一緒に演奏した時は、今まで見えていなかった部分が見えるようになり一気に世界が広がりました。知識もそうだしアプローチの仕方が今まで観てきた人とは全く違う一楽さんの世界があります。

―過去7回開催してきた「海の森の音楽祭」で特に印象に残っている回はありますか?

mitchel:勝井さんとやった「融解点」。いい意味で緊張感がありました。

あと個人的にはその時に作った火の鳥の映像が演奏とマッチしていました。それまでの「海の森の音楽祭」の映像は比較的おとなしいものが多かったんですが、唯一激しめの映像でそれが演奏とマッチしていたとうのもあって、そういった面でも「融解点」の回が印象に残っています。

(絵:融解点)

azusa:私は芳垣さん出演の「すべてを繋ぐ森」で、「すべてを繋ぐ森」というタイトルも個人的に気に入っているという事と、絵も地味なんだけど表現したかった透明感が出せました。絵で透明感を出す為に塗り重ねる必要があって、なかなか自分の中で止め所が難しい部分があったりするんですが、この回は思っていた透明感が出せました。

(絵:すべてを繋ぐ森)

―海の森の音楽祭のビジュアルイメージは有機的でも無機的でもないものを感じます。

向山:架空のものになっているよね、情景を描いているというよりは架空の空間を描いている。

azusa:絵を描くときに、はじめに決めたテーマやイメージは意識しているんだけど、書いている最中は自分の意識の中では無音になっています。実際に音楽が鳴っていないとかそういう事では無く、音が鳴っていない絵にしたいと思っています。それで当日現場で音が乗っかって初めて絵から音が鳴るようにしたい、なるべく何かのテイストがつかない様にしています。

mitchel:今回は彩巡る森の何かを書くんでしょ?

azusa:そう、彩巡る何か(生き物)を登場させようかなと思っています。

いつもmitchelと映像に関して途中段階の摺り合わせは一切せず、出来上がった作品を渡しています。そしてそれを映像でどう動かして欲しいなどの要望も伝えていないです。

向山:まあ僕は絵を見てこう動かして欲しいとか、この絵をバックに演奏したいとか言っちゃいますけどね(笑)

―そういったやりとりは向山さん、mitchelさんの所属しているnegoでもあるのですか?

向山&mitchel:“nego”はもうガンガンあります(笑)

向山:上がってきた映像にリテイクも出します(笑)

mitchel:こちらもそれを聞いたり、聞かなかったりする。

向山:バンドでやるっていうのは全然違いますね。

mitchel:「海の森の音楽祭」と“nego”におけるトシ君(向山)との関係性で違う事といったら

“nego”の場合は、スタジオに入るのでその時々で詰められるのですが、「海の森の音楽祭」はスタジオにも入らないし、どうなるか分らないという事が前提にあるので、摺り合わせをしても正直意味が無いという部分もあったりするので、「海の森の音楽祭」の時は即興に対応出来るような術を用意していく映像の作り方をしています。

向山:摺り合わせする事によって変に固まって可能性が狭くなってしまうのが一番良くないので。

mitchel:自由度を無くさない様にしています。映像を作って、事前にテストをしない状態で本番に臨んでいます。こういう音が来たらこの映像を出すぞと待ち構えていると、実際に一回もその映像を使わず終わってしまう事があります。

向山:逆に、先に映像を全部使っちゃってあとどうしようという時もあるよね?

mitchel:そうそう(笑) なので“nego”の時の様に映像を作り込むのとは全く違うスタンスで「海の森の音楽祭」はVJをやっています。

―映像を見て演奏しているのでしょうか?

向山:僕は映像を見たり見なかったり。

でも人による様で、外山明さんはずっと映像を見て演奏をしていました。

mitchel:見られていると分りますからね、そんな時は見られている事を意識した映像を出しています。あとはVJをしながら客観的にも観たりもするので、退屈さを感じたら音が変わっていなくても映像だけ変えて遊んでみたりもします。音に反応するというのが基本にありつつ、お客さんの目線になって映像を変えてみる事もあります。

意外と映像って音とずらすと印象が強くなるんですよ、静かな演奏の時に全く突拍子もなく激しい映像を入れるとやっぱり印象が強くなるので、そういう事をたまにしてみています。

azusa:私がちょっと映像変えて欲しいなっていう時はmitchelの顔を見たりします(笑)

mitchel:そうだね(笑) そういうオーラを感じつつやっています。

azusa:一番客観的に観られるという意味では、この三人で当日、一番楽しめているのは私かもしれない。

ライブを観ていて今のタイミングは演奏と映像と展示してある絵がばっちり合ったなあとか一人で思ったりしています。

―今回「杉澤爪具店」が出店で参加されることについてお聞かせ下さい。

mitchel:杉澤爪具店は1つ1つ手書きのネイルチップのお店で、今回コラボレーションという形で、「海の森の音楽祭」にまつわるネイル用の商品を用意してくれています。手にとって身につけれるものとしてお客さんに楽しんでもらえればと思っています。

― 5/31に向けて最後に一言お願いします。

azusa:女性とか、ライブハウスとか来づらいという人に、ライブという感覚ではなく、演劇を観たり、ちょっと人の個展に行くのと同じ感覚で来てみてもらえたら、楽しんでもらえるんじゃないかなと思っています。

mitchel:「海の森の音楽祭」はその日でしか観られないものが凝縮されている一日、即興演奏ってそういうものだけどそれに限らず、絵や映像もその日だけしか観られない物なので是非予定に入れておいて欲しいです。

向山:久々の新作発表という事で、新しい気持ちでアイディアを練っているところです。予備知識は何も必要ありませんので、そんなに構えずにフラッと遊びに来て欲しいです。

ありがとうございました。

「ええ加減なショウほど すてきな商売はない」~ジャポネスクバージョン

2012.5.16.水.

右近健一【vocal&book】 HP

高谷あゆみ【vocal】 Blog

NAOMI【vocal】

佐山雅弘【piano】 HP

開 18:30 演 19:30 ・ 前 3,500 当 4,000 +1D 500


ご到着順入場

メールでのご予約(3月1日0:00~)

電話でのご予約(3月1日0:00~)

是巨人×fresh!×LAGITAGIDA

2012.5.15.火.

是巨人 youtube

fresh!  HP

LAGITAGIDA  HP

開 19:00 演 19:30 ・ 前 2,800 当3,300  +1D(500)

ご到着順入場

メールでの ご予約

電話でのご 予約

46億年後の夜明け

2012.5.14.月.

小島”DSK”大介HP × 藤本一馬 HP

huenica [榎本聖貴(Gt/Vo/etc)、伊藤サチコ(Pf/Vo/etc)] HP

松本敏将(tobaccojuice、くふき) HP

PawPaw  HP

開 18:30 演 19:00 ・ 前 2,500 当3,000  +1D(500)

ご到着順入場

メールでの ご予約

電話でのご 予約

【小島”DSK”大介】 (ギタリスト、ソングライター、プロデューサー)

96年、畠山美由紀とのユニット”Port of Notes”でデビュー、現在までに4枚のオリジナルアルバムを発表。’08年に活動10周年を記念してベスト盤”Blue Arpeggio”、また’09年には最新アルバム”Luminous Halo”をジェシー・ハリスのプロデュースによりニューヨーク・レコーディングで発表した。
‘01年、chari chari(井上薫)のアルバム”in time”に収録の”Aurora”を井上薫と共作およびギターで参加。これをきっかけに井上とのギター・デュオ”Aurora Acoustic”を結成し、現在までに3枚のアルバムを発表している。
自身のソロ、小島”DSK”大介としても6枚目のアルバム”Trace”を’11年11月11日に発表しており、”Winter Lane”や”Rain”など数々のクラシックスを生み出している。
その他、数多くのアーティストとのコラボレートや客演、プロデュース、楽曲提供など幅広く行っている。

【藤本一馬】(ギタリスト/コンポーザー)

orange pekoeのギタリスト/コンポーザー、藤本一馬のソロ・プロジェクト。
1998年ヴォーカルのナガシマトモコとorange pekoeを結成し、ジャズやソウル、ブラジルなど様々な音楽を独自に昇華した自作自演のスタイルで各方面から高い評価を得、現在はアジアやニューヨークなど海外へも活動の幅を広げている。
2010年より並行して、ギタリストとしてのソロ活動を開始。
日々の生活や自然からのインスピレーションをもとにした独創的なオリジナル曲と、ジャズ~ワールドミュージック~各種インスト系音楽のエッセンスを滲ませ つつ、オープンチューニング等を使用した型破りなパフォーマンスで、CDリリース前から話題に。 2011年6月にリリースされた1stソロアルバム『SUN DANCE』は、ROVOをはじめ様々なバンドで活躍する岡部洋一(perc)、ジャズシーン屈指の若手プレイヤー工藤精(bass)を迎え、ネイティブ アメリカンの儀式にインスパイアされた自然賛歌であり、25分超に渡って猛々しいまでの躍動感を表現する表題曲「SUN DANCE」、一方で「空のように」をはじめ、叙情的でメロウな感覚も同居するなど様々な楽曲が収録された、パーマネントな活動としてのソロワーク、その スタートを切る決定的作品。ライブ活動も定期的に行なう中、野外フェスやイベントへの参加等、精力的に活動し、その他様々なアーティストとのライヴやレ コーディングへの参加、 さらに作曲家としての楽曲提供など活動の幅を広げている。

【huenica】

榎本聖貴(Gt/Vo/etc)、伊藤サチコ(Pf/Vo/etc)により2012年1月結成。
2月より、全て自宅で録音されたデモCDーR『Early Sketch #1』、
『Early Sketch #1,2』を持ってライブ活動開始。
日常風景のhue(=色彩、色相)を音楽に重ねながら、
新しい曲を作り続けている。

やさしいきもち-wedding party-

2012.5.13.日.

やさしいきもちウェディングパーティーは、青山月見ル君想フと代官山晴れたら空に豆まいてをベースに、あなたのパーティーを個性的に演出します。お気軽に ご相談ください。

HP blog

【昼】赤い花のペンギン

2012.5.13.日.

擬音祭

TRIMATE【岡田浩安(サンポーニャ、ケーナ他)須藤かよ(Pf,Vo)渡辺亮(Perc)】

大谷しんぺー HP

開 12:00 演 12:30 ・ 前 2,000 当 2,500 +1D 500

ご到着順入場

メールでのご予約

電話でのご予約

チグリハーブ ~昭和モダン

2012.5.12.土.

チグリハーブ:唄  HP

長沢ヒロ:ベース&ギター
ネイロ:ピアノ&コーラス
AYAKO :パーカッション
まどかまるこ:バイオリン
坂下秀実(四人囃子) :キーボード

スペシャルゲスト:SARU

開 18:00 演 19:00 ・ 前 3,500 当 4,000 +1D 500

ご到着順入場

メールでのご予約

電話でのご予約

【昼】母の日を前に

2012.5.12.土.

入日茜 HP

ブラウンシュガー HP

前田まどか HP

開 12:00 演 12:30 ・ 前 2,000 当 2,500 +1D 500

(※小学生以下の方入場無料)

ランチメニューあります!

ご到着順入場

メールでの ご予約

電話でのご 予約

New Leaves

2012.5.11.金.

シーナアキコと薔薇の木 HP

次松大助  HP

フルカワモモコ  HP

開 18:30 演 19:30 ・ 前 2,500 当3,000  +1D(500)

ご到着順入場

メールでの ご予約

電話でのご 予約

4LDK

2012.5.10.木.

関取花 HP

齊藤ジョニー  HP

見田村千晴  HP

スーダラ少年 HP

開 18:30 演 19:00 ・ 前 2,500 当3,000  +1D(500)

ご到着順入場

メールでの ご予約

電話でのご 予約

ブラザートムナイト vol.41

2012.5.9.水.

ブラザートム HP

開 18:30 演 19:30 ・ 前 3,000 当 3,500 +1D 500
※学生の方はチケット代が半額になります。(要学生証)

ご到着順入場

メールでの ご予約

電話でのご 予約

唄とこの世界

2012.5.8.火.

花戸慎吾 HP

松室政哉 HP

YOO Blog

9×9 blog

出演を予定しておりました青山亮はアーティストの事情により出演キャンセルとなりました。
大変申し訳ありません。

開 18:30 演 19:00 ・ 前 2,500 当3,000  +1D(500)

到着順入場

メールでの ご予約

電話でのご 予約

メンテナンスのためお休みさせていただきます

2012.5.7.月.

パーマネント・バケーション

2012.5.6.日.

Electric Woochestra HP

黒沼英之 HP

篠木晋也  HP my space

透明トマト HP my space

開 18:30 演 19:00 ・ 前 2,500 当 3,000 +1D 500

到着順入場

メールでのご予約

電話でのご予約

【昼】Loveマンスリーライブ「 オーダーメイド Love Live 」

2012.5.6.日.

LOVE  HP

開 12:00 演 12:30 ・ 前 1,500 +1D 500

本公演のチケットは全て完売致しました。ありがとうございます。

公演についてのお問い合わせ

キョードー東京 0570-064-708

やさしいきもち-wedding party-

2012.5.5.土.

やさしいきもちウェディングパーティーは、青山月見ル君想フと代官山晴れたら空に豆まいてをベースに、あなたのパーティーを個性的に演出します。お気軽にご相談ください。

HP blog

國府田マリ子Live House 2nd in 晴れたら空に豆まいて

2012.5.4.金.

國府田マリ子(Vo) Blog
南明男(Gt)
平山牧伸(Dr)
山田直子(Ba)  HP
大久保治信(Key)  HP

ゲスト:宮島律子(Cho&Key) Blog

thank you SOLD OUT!!
18:00以降に当日券を若干数販売
致します。

開 18:00 演 19:00 ・ 前 3,500 当 4,000 +1D 500

整理番号順入場

オールスタンディング

チケットのお取り扱い
【ファンクラブ先行予約受付】3月10日~3月30日
【一般発売日】4月1日~
お一人様2枚まで

メールでの ご予約(4月1日0:00~)
電話でのご予約(4月1日17:00~)

【昼】Day dream flavor

2012.5.4.金.

ASHMORE HP

深津ジュリ HP

宮上ゆみ HP

開 12:00 演 12:30 ・ 前 2,000 当 2,300 +1D 500

ランチメニューあります!

ご到着順入場

メールでのご予約

電話でのご予約

「私のわたし vol.5」

2012.5.3.木.

きしのりこ Blog

開 18:00 演 19:00 ・ 前 3,000 当 3,500 +1D 500

整理番号順入場

メールでのご予約

電話でのご予約

【昼】コドモのための晴れ豆イベント 「豆 de ダンス?」

2012.5.3.木.

1.コンドルズのイケメンお兄さんによるダンスワークショップ

2. DJ JET BARON がみんなのすきな”あのうた”をかけてくれます!

3.みんなで、その曲のふりつけをつくっちゃおう!

4.お父さんとお母さんも一緒にどうですか?

「サラリーマン体操」などでお茶の間にもおなじみのダンスカンパニー「コンドルズ」。

その中でもイケメン担当の「藤田善宏」と「平原慎太郎」が行う

こども達のための「踊るワークショップ」!

今回は、TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」に出演し話題を呼んだ

「DJ JET BARON」を迎え、

インドネシア発祥の高速レイヴミュージック「FUNKOT(ファンコット)」と共に、

こども達に本気で踊ること・からだを動かすことを楽しんでもらおう!というイベントです。

イケメンが見たいお母さんも、本当は一緒に踊りたいお父さんも、

踊るのが好きな子も、嫌いな子も、

ゴールデンウィークは

みんな「豆de ダンス?」してみちゃう??

コンドルズ  HP

DJ JET BARON a.k.a. 高野政所 HP

開 11:30 演 12:00

■チケット

【前売り】

親子チケット (小学生以下のお子様1名様+保護者の方1名様) ¥3000(2ドリンク付き)

こどもチケット(小学生以下のお子様1名様)              ¥1500(1ドリンク付き)

おとなチケット(中学生以上の方)                                        ¥2500(1ドリンク付き)

【当日券】

親子チケット (小学生以下のお子様1名様+保護者の方1名様)    ¥3300(2ドリンク付き)

こどもチケット(小学生以下のお子様1名様)                ¥1500(1ドリンク付き)

おとなチケット(中学生以上の方)                                               ¥2800(1ドリンク付き)

※未就学児は無料でご入場いただけます(事前にお知らせください)

※こどもチケットに関しまして、「3歳未満無料」から「未就学児無料」と変更させていただきました。

ただし、大きな音がする場合がございますので、その点あらかじめご了承くださいませ。

ご到着順入場

本イベントは終了いたしました。

コンドルズ藤田さん&平原さん、DJ JET BARONこと高野政所さん、
そして参加者のみなさま、ありがとうございました。

お疲れ様でした!

ゴールデンなジャンプ

2012.5.2.水.

Haiti myspace

繰彩 myspace

日本トリオ HP

日高美由(Magenta) blog

栗山健太 blog

開 18:00 演 18:30 ・ 前 2,000 当 2,500 +1D 500


ご到着順入場

メールでのご予約

電話でのご予約

虹の向こうに

2012.5.1.火.

堀下さゆり HP

mue   HP

はせがわかおり  HP

相馬裕子 HP

開 18:30 演 19:00 ・ 前 2,500 当3,000  +1D(500)

ご到着順入場

メールでの ご予約

電話でのご 予約