つれづれ記

2010.4.18.日.

淡い音楽なんだけど、濃密な一夜でした。

ミオ・フー、ヴァィオリニスト美尾洋乃さんとムーンライダースのベーシスト、鈴木博文さんによるミオ・フー、久しぶりの晴れ豆ライヴでした。ミオ・フーはいつもお友達バンドに声をかけて下さって、ジョイント・ライヴをしてくれるのですが、今回のお相手はマーシュ・マロウ。晴れ豆初登場です。

マーシュ・マロウは、一人一人が他のバンドやユニットで、あるいはソロでも活躍されている、キャリアのある女性5人組のユニットで、私はソロ・アーティストとしてよく知っている方も中にいたりするので、とても気になっていたのですが、今日初めてそのライヴを見せていただきました。マーシュ・マロウを連れて来てくれた、ミオ・フーに感謝です。

ライヴはそのマーシュ・マロウから始まりました。全員が歌えて、また何らかの楽器ができるという器用な方々で、オーソドックスなバンドのような、ドラム、ベース、ギター、キーボードというような編成では全くなく、曲によってアコーディオンや、笛やトイ・ピアノやあらゆる小物系の打楽器などを駆使して、素朴だけどクオリティーの高い音楽を聞かせてくれます。彼女達の手にかかると、手拍子までが重要な楽器になったりします。

ある意味雑貨屋さんみたいな様相も呈していましたが、今日はこれでもいつもの半分以下の楽器しか持って来てませんとのこと。あえてバンド名を出すと、パスカルズなどの世界に近いものがあるかなと思います。楽しかったです。

そしてミオ・フーは、こちらも器用といえば器用で、ミオの美尾洋乃さんはヴァイオリン、ピアノ、ピアニカなどを持ち替えて、フーの鈴木博文さんもベース、ギター、ピアニカ等々を持ち替えて、しかも二人とも歌も歌う。ヴァィオリンの弾き語りなんて、美尾さん以外見たことありません。

冒頭タイトルに”淡い音楽”と書きましたが、その通り、マーシュ・マロウもミオ・フーも、ギラギラしたとか、熱いとか、パワフルとか、そういう言葉で表現される音楽とは対極にある音楽といっていいと思います。でもでも、濃密なんですよね。みなさん、20年、30年のキャリアがある方々ですから、今まで蓄積して来たものがぎしっと詰まっていて、とても濃密。純粋100%のはちみつといったところでしょうか。とろーり甘くて、ソフト。

最後のセッションではお互いの曲を1曲ずつ披露してくれたのですが、とても似合ってました。ただおかしかったのは(おかしいといっていいのかな)、今日はマーシュ・マロウが女性5人組ということで、それに美尾さんなので、男性は博文さんお一人。セッションの時には、まるで女系家族の中にお父さん一人みたいな様子が、なんか愉快でした。

ミオ・フー、マーシュ・マロウ、共にまた晴れ豆に御登場願いたい方々です。晴れ豆の現場スタッフも、”いやあ、今日はよかったですねえ”と充実、満足といった様子でした。御二組、ありがとうございました。次回を楽しみにお待ちしてまーす! (豆奴)

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら