これからの予定

2017.1.13.金.

Makoto Kubota presents KUMANO guitar meets bossa CHICHIBU vol.3 濱口祐自
opening act: TAXI SAUDADE with 秋岡欧 (ショーロ・クラブ)
MC:甘茶,Live Mix by 久保田麻琴

出演

濱口祐自

TAXI SAUDADE
秋岡欧 (ショーロ・クラブ)

MC: 甘茶

Live mix: 久保田麻琴

開 18:30 演 19:30

前 4,000-/4,500- (お土産無/有) 当 4,500-

完全限定製作、アーティスト・オリジナル・デザインのお土産付きチケットもございます!

ご予約の時にお土産の有無を必ずお申し付けください。

イープラスにてご購入の際、お土産付きは券種「その他1」を選択してください。

フロアは畳敷きです

整理番号順入場(晴れ豆予約およびイープラス並列)

メールでのご予約 受付中

電話でのご予約 受付中

イープラスは10/24(月) 10:00~

濱口祐自 プロフィール

80年代:遠洋マグロ漁船に乗りパプアニューギニアに行く。その後、勝浦漁港の古民家を自らの手でクラブに改造し、経営と演奏を行う。

90年代:ドイツやフランスなど、欧州でストリート演奏の旅。各地で喝采を浴びる。

その後も地道に演奏活動を続け、201310月と翌141月に渋谷のライブハウス「SARAVAH東京」で行われた二度のショウケースでは記録的な観客動員を果たした。同年、久保田麻琴プロデュースによるアルバム「濱口祐自 フロム・カツウラ」を発表。59歳にしてメジャー・デビューを果たし、大反響を呼んだ。翌年には早くも2ndアルバム「ゴーイング・ホーム」をリリースし、全国をツアー。

デルタ・ブルースからサティ、エリントンに至るまで、熊野フィーリングたっぷりに演奏する異能のギタリストである。

TAXI SAUDADE プロフィール

独学でギターを始めたのは16歳の時。その後ジョルジュ・ムスタキに影響を受けて作詞作曲を開始。19歳で日本中を放浪。世界中の音楽に触れる中、特にジョアン・ジルベルトに深く感銘し、私淑。その後ブラジルへ渡り、ジョアンの生地バイーアやリオ等で半年を過ごす。40歳からの20年間、故郷の秩父でタクシードライバーとして生計を立てる。トランクの中には常にギターが積んであり、折に触れて爪弾いていた。還暦間近のある日、ギタリスト笹久保伸を乗せる。そこから久保田麻琴との出会いに繋がり、60歳でデビュー・アルバム「ジャ・ボッサ」をリリース。彼独特の日本語ボサノヴァは「題名の無い音楽会」「ラジオ深夜便」を始め各方面で大きな話題を呼んだ。

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら