これからの予定

2014.11.3.月.

大島保克/世武裕子 三線とピアノ・ふたりの歌旅

三線唄者として各地を旅する大島保克。
シンガーソングライター、映画音楽など多方面で活躍の世武裕子。
2013年のfestival tokyoにて意気投合。東京、滋賀、岡山、松山、沖縄の歌会ツアー。
何が飛び出すか?異彩な音楽空間をお楽しみに!

「長年音楽を続けてきて、沢山の素晴らしい音楽家の演奏も聴いてきたが、世武さんのピアノを始めて聴いた時、久々になんとも云えぬ感覚をおぼえた。即日、以前アメリカのジャズピアニスト、ジェフリー・キーザーと作ったアルバムを手渡したところ、世武さんはそれをいたく気に入って下さり、それが今回のツアーの発端である。」 大島保克

大島保克    HP

世武裕子   HP

開 18:30 演 19:30 ・ 前 3,500 当 4,000 +1D ¥600

ご到着順入場

メールでのご予約

電話でのご予約

———————————————————————————————–

大島保克(おおしまやすかつ) [うた、三線(さんしん)]

大島保克は、出身地である八重山諸島、沖縄各地に古くから伝わる歌と、自作のオリジナル曲などをうたう唄者(うたしゃ)として、国内・海外の各地で演奏活動を行っている。
これまで6枚のソロアルバム、2枚のコラボレーションアルバムをリリースしているほか、楽曲提供、朗読作品の音楽担当などの形で多数の作品に参加している。
沖縄各地に古くから伝わる島唄を丹念に掘り下げうたい継ぐ”伝統島唄の新しい継承者”としての一面と、積極的にオリジナル楽曲を歌い様々なアーティストとのコラボレーションや楽曲提供を行う”新たな島唄の作り手”としての一面を、どちらも同時に”自身の島唄”として今にうたう。
うたと三線による独りでの演奏スタイルを原点とし、その活動を広げている。
大島保克公式サイト
世武裕子
1983年、滋賀生まれ。
Ecole Normal de Musique de Paris, Alfred Cortot 出身。
在仏中、作曲をGabriel Yared氏に師事
帰国後の2008年、Noise McCartney Recordsよりデビュー。
2013年、自主制作アルバム「アデュー世界戦争」をリリース。
Google Chrome、ユニクロジーンズ、NISSAN、出光、爽健美茶(歌唱)など多くのCM音楽、NHKドラマや劇場公開映画のサウンドトラックなども手がける。
2014年7月15日渋谷WWWにて、デビュー5周年を記念したワンマン公演”伝説のトリプルプレイ日本公演”を開催。
チャットモンチー福岡晃子、GREAT3白根賢一、ユザーンらと共演、大成功を収めた。
唯一無二の個性と、ステージでの圧巻のピアノパフォーマンス、ファナ・モリーナやビョークのようだと形容される歌声やその表情は、多くのミュージシャンから支持されている。
本人が「世武裕子の音楽はライブだ」と言い切るように、そのステージは衝撃的にドラマチックである。
晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら