これからの予定

2015.7.29.水.

黒澤有美 ~行 <あん> – go on
with special guest ASA-CHANG

黒澤有美

ASA-CHANG

伝統に生きながら海外の息吹を交えて、二十絃箏の可能性、音楽を模索し続けている。

from NYC〜箏奏者黒澤有美。

ASA-CHANGをゲストに迎えて二回目の登場!

黒澤有美 公式HP

ASA-CHANG 公式HP

開 18:30 演 19:00 ・ 前 4,000 当 4,500 +1D 600

整理番号順入場

メールでのご予約 発売中

電話でのご予約 発売中

イープラス 発売中

<黒澤有美(くろさわゆみ)プロフィール>

箏奏者・作曲家・アレンジャー。

3歳より13絃箏を黒澤和雄、千賀子、15歳より20絃箏を吉村七重師のもと始める。幼い頃より箏曲コンクールにて優勝を重ね、神童と呼ばれる。2002年より拠点をニューヨークに移し、カーネギーホール、ワイル・リサイタルホールにてリサイタルを行なう。プラハ・チェロ合奏団、ヒューストン・グランド・オペラ、ハワイ・シンフォニー・オーケストラ(大友直人指揮)等、箏コンチェルトやソリストとしての共演も多数。20絃箏が奏でる新しい音楽やテクニックを模索し続け、そのジャンルを超えた活動は多くのアーティストやファンを魅了してやまない。

<ASA-CHANG プロフィール>

ヘア・メイキャップアーティストとして80年代中~後半にかけて、Olive、anan、キューティー等、ファッション誌や、小泉今日子、本木雅弘、山瀬まみ等の当時のカッティング・エッジなアイドル、タレントの仕事を数多く手掛けるも、89年に東京スカパラダイスオーケストラのパーカッション兼バンド・マスターとしてデビュー。その自ら創始した東京スカパラダイスオーケストラがブレイクを果たすが、93年に脱退、フリーランスに。
スカパラ在籍時から、その特異なライブ・パフォーマンス、プレイは注目されていたが、独立後の数々のセッション・ワークにより、ドラマー、パーカッショニストとしてその存在を知られるようになる。
いわゆるラテン・パーカッション系だけでなくインド・アジア系から玩具類、ガラクタ、シンセ音などを散りばめ、楽曲にアプローチする彼独特のプレイスタイルを確立し、ドラマーとしても躍動感のある唯一無二のそのビートは、パワフルさと繊細さを兼ね備え、数多くのアーティストからの信望を集めている。
ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する様々な活動は、多くの注目を集めている一方、作曲・アレンジもこなすプロデューサーとしても活躍し、NHK Eテレでの子ども向け音楽番組「ムジカピッコリーノ」(毎週木曜17:35-17:45)に“ポンジョルノ”役を好演している。

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら