これからの予定

2015.11.19.木.

小坂忠 with Friends
鈴木茂、小原礼、Dr.kyOn、屋敷豪太、小林香織

小坂忠

完売御礼 – THANK YOU SOLD OUT!!!
<当日券ご希望のお客様へ>
18時00分よりご来店順にお名前を受け付け、当日のキャンセル・未来店状況を鑑みつつ、ご予約のお客様が一通りご入場後にご案内予定です(枚数未定)。
*キャンセル・未来店状況によってはご案内できない場合もございますので、予めご了承くださいませ。

日本を代表する『ザ・ヴォイス』、小坂忠。

林立夫さん presents で開催された夏のバースデー・ライヴ(7/8〜晴れ豆での初ワンマン)は、おかげさまで大盛況でした。

そして早くも正真正銘のスーパーバンドを従えて再登場です!!

完売必至。お見逃し無く!!!

小坂忠 (Vo) 公式HP

with
鈴木茂 (Guitar) 公式HP
小原礼 (Bass) 公式HP
Dr.kyOn (keyboards)  公式HP
屋敷豪太 (Drums) 公式HP
小林香織 (Sax) 公式HP NEW!!
開 18:30 演 19:30 ・ 前6,500 当7,000  +1D 600
整理番号順入場
メールでの ご予約 ご予約受付中
電話でのご 予約 ご予約受付中
イープラス 発売中
小坂忠 プロフィール

東京生まれ。
1966年、日本コロンビアより「ザ・フローラル」でデビュー。
1969年細野晴臣、松本隆らと「エイプリル・フール」を結成。
解散後ロックミュージカル「HAIR」に出演するなど、
70年代ポップスの基礎を築く。
林立夫、松任谷正隆、後藤次利、駒沢裕樹とのバンド「フォージョーハーフ」を経て1975年リリースの「HORO」は、
現在のR&B、Jソウルのバイブル的名盤であり、多くのミュージシャンに影響を与えている。
76年、クリスチャンとなり日本初のゴスペルレーベル「ミクタムレコード」を設立。
以後、牧師でありシンガーソングライター。
ポップスとゴスペルミュージックの架け橋となる開拓者であり、
日本のみならず世界に活動の場を広げている。
今年は「HORO」リリースから40年。8月Anniversary Package2枚組を発売。そして来年にはデビュー50周年を迎える。
歳を重ねるごとに輝きを増す歌声は、聴く人々に励ましと力を与え、音楽を志す人々へのエールのようでもある。

鈴木茂 プロフィール

日本ロック史において多大な影響を与えた伝説のバンド「はっぴいえんど」のギタリストとして、細野晴臣、松本隆、大滝詠一とともに活動。解散後は「キャラメルママ」から「ティン・パン・アレイ」へと活動をひろげていく。1974年、単身渡米し、歴史的大名盤「BAND WAGON」をリリース。以後、現在に至るまで、数々のミュージシャンの作品に参加し、作曲・プロデュースなど多岐にわたる活動を続けている。

そのギターは唯一無比であることはもちろん、さらに進化し、色あせることはない。

鈴木茂

小原礼 プロフィール

ベーシスト/作曲家/プロデューサー。1951年 東京生まれ。1968年青山学院高等部の時「スカイ」を結成。「スカイ」で始めてベースを手にする。メンバーには、鈴木茂、林立夫などがいた。1971年、加藤和彦の誘いでサディスティック・ミカ・バンドにベーシストとして参加。日本のバンドとして初めてイギリス・デビュー。アルバム「黒船」を最後に脱退。その後、渡米して、グラミー賞歌手ボニー・レイット、イアン・マクレガン等とツアーを共にし、帰国後も多彩に活躍。共演者には、坂本龍一、尾崎亜美、小坂忠、松任谷由実、藤井フミヤ、福山雅治、奥田民生、木村カエラなどから、絶大な信頼を得ているベースマンであり、日本のポップミュージックを創世記から支え続けるパイオニア的存在でもある。

小原礼

Dr. kyOn プロフィール

1957年熊本市生まれ、大阪育ち。京都大学卒。
元BO GUMBOSのキーボディスト&ギタリスト。
アコーディオンやマンドリンなども手掛けるマルチミュージシャン。
グループ解散後は佐野元春 & The Hobo King Band のメンバーとして、またプロデューサー、アレンジャー、セッション・ミュージシャンとしても活動を展開。Char,
仲井戸麗市、RIP SLYME、銀杏BOYZ,清竜人、小坂忠、カルメン・マキ、平原綾香、持田香織、YUI,渡辺美里、元ちとせ、小島麻由美など世代、ジャンルを超えて幅広いアーティストのレコーディングやライブに参加,プレイヤーとしてのその存在感を慕い、憧れ、愛するミュージシャンは数多い。

Dr.kyoOn

屋敷豪太 プロフィール

プロデューサー・ソングライター・ドラマー

1962年京都生まれ。’88年イギリスに活動拠点を移す。89年Soul Soul「Back to life」へ参加、グラウンドビートと呼ばれるリズムパターンを生み出し、世界的な注目を集める。

’91年Simple Redの「Stars」に参加し、’93年まで正式メンバーとして活動する。以降ロンドンを拠点に様々なアーティストの作品に参加。ビョーク、シネイド・オコナー、SEAL、マッシブ・アタック、など多数。又近年は活動拠点を日本に移し、藤井フミヤ、スガシカオ、小泉今日子等の作品に参加。現在、槙原敬之、堂本剛などのツアーメンバーでもあり、CM・ドラマ音楽など、その活動は多義に渡る。

屋敷豪太

小林香織 プロフィール

サックス&フルート奏者/作編曲/プロデュース

1981年10月神奈川生まれ東京育ち。ピアノ教師である母親とカメラマンの父親の間に生まれ、中学1年生から吹奏楽部でフルートを、高校2年生の時アルト・サックスを始める。洗足学園音楽大学ジャズコース在学中より都内のライブハウス等で定期的に演奏すようになる。

卒業翌年の2005年2月、ビクターエンタテインメントよりアルバム「Solar」でメジャーデビュー。以降毎年アルバムを発表。日本だけでなく韓国、台湾、香港、シンガポールでもリリースされている。

2013年10月台湾のサックスメーカーT.K.melodeyより小林香織モデルのアルトサックス、テナーサックスが発売され、上海のMUSIC CHINA にて全世界に発表された。同年台湾で3作3年連続でジャズチャート1位を獲得。タイ、台湾、香港にはファンクラブができる。

2015年6月デビュー10周年を迎え、新録3曲を含み1stから9thの中から選曲した10thアニバーサリーアルバム「STORY」をリリース。

現在はアジア各国でのアルバムリリースとJAZZ FES.やテレビラジオへの出演やレコーディングなどの演奏活動を行なう傍ら、母校である洗足学園音楽大学ジャズコースで講師も勤めている。

小林香織

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら