これからの予定

2015.11.11.水.

Arvvas(アルヴァス)2015 来日公演

Arvvas アルヴァス

「ヨイク × ジャズ × ロック × ポップ × ? = 世界 !!」

ノルウェーならではの先進的デュオによるプレミア・ライヴ

北欧サーミ民族歌唱とダブルベース奏者の歌がからみ合う

2015スカンディナヴィア最大フェス賞ノミネート

北欧少数民族サーミ族の伝統歌唱(吟詠)ヨイクを歌う女性シンガーSara Marielle Gaup(サラ・マリエル・ガウプ)と、現代ノルウェー・ジャズを牽引するかたわら60-70年代のロック・ポップを素材にシンプルで力強いヴォーカルとダブルベースで活動の幅を広げるSteinar Raknes(スタイナー・ラクネス)のデュオ。一見まったく異なるジャンルにあるかのような二人が真の歌心の一点を共有し、あらゆる音楽の壁を越えて飛翔する、究極のヴォーカル・ユニット。昨年、三越伊勢丹グループのクリスマス・キャンペーン・アーティストに選ばれ来日。今年、待望のデビュー・アルバム “Remembrance”をリリースした。

試聴  https://soundcloud.com/steinarraknes/sets/arvvas

11月11日(水) 開場 19:00 開演19:30

代官山 「晴れたら空に豆まいて」

自由席 前売 4,000円  当日 4,500円 ドリンク別

チケット 本日(9/26)より予約受付

ご予約お申込みはメール(ticket@spn1.speednet.ne.jp)か電話(03 3728 5690)にて Real & True/Office Ohsawa までお願いします。電話での聞き間違いなどをなくすため、できるだけメールでお願いいたします。必ず、お名前、住所(郵便番号)、電話番号、希望日、チケット希望枚数をお知らせ下さい。注意事項http://www.bigstream.co.jp/music/tickets.htmlをご覧ください。折り返し、チケットの有無、お支払方法をご連絡いたします。

ご到着順入場

Sara Marielle Gaup  - vocal

1983年生まれ。「ヨイクする」家系に生まれる。ユニークな声で知られる優秀な若手ヨイク歌手の一人。伝統的ヨイクと新しいタイプのヨイクの両方をうまくミックスし、ソロ公演、ワークショップ、他のアーティストとの共演を行ってきた。国際的に活躍してきたサーミのバンド Adjágas の歌手として最も知られる。

Steinar Raknes   – vocal, double bass

1975年生まれ。ノルウェーで最も優れたジャズ・ベーシスト、ヴォーカリスト、作曲家の一人。恐れを知らない爆発的なダブルベースの演奏スタイルで Charles Mingus と、シンガーとしては Tom Waits やBruce Springsteen と比べられる。ジャズ・トリオのUrban Connection での作曲と演奏、或いは Chick Corea、Michael Brecker、Bobby McFerrin、 Ola Kvernberg、Inga Juuso、 Bill Payne や Kim Wilson との共演で知られる。2001年に NTNU (旧トロンハイム音楽院)を音楽修士で卒業後、ノルウェーの多くのジャズバンドと演奏し、世界中をまわっている。自身のソロ・プロジェクト Stillhouse ではヴォーカルとダブルベースを、自身がリーダーで曲を提供している Steinar Raknes Quartet ではダブルベースを演奏する。

企画制作: Office Ohsawa

後援: ノルウェー王国大使館

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら