これからの予定

2016.6.13.月.

晴れ豆 INTERNATIONAL酔談会議

世界中、国内の様々なカルチャーをDrunkな状態で体感、交流するParty、「晴れ豆 INTERNATIONAL酔談会議」。

この度は、日本とフランスのカルチャーを繋ぐ、アンスティチュ・フランセ東京の方々とのParty!!という事で、フランス×日本な酔談会議!!

この度、アンスティチュ・フランセ東京が紹介してくれるのは、フランスの様々な音楽賞を受賞、映画に抜擢されるなど女優としても注目されるフランスの今をときめくアーティスト、Camélia Jordana (カメリア・ジョルダナ)のゴージャスなLive!!

そしてこちらからは気鋭の華道家、上野雄次と平間磨理夫 の一騎打ちスタイルの花いけ勝負、[闘う花会]!!
今回はそれぞれが作品の為の資材を持ち込み、作品を創造、
お客様にどちらの作品に心奪われたかジャッジして頂きます。
という豪華演目の中でDrunk&Mixerしましょう。

勿論晴れ豆からは、上品にGet Lostできる極上のお酒をご提供させて頂きます。

是非華やいでお出かけ下さい。

[晴れ豆 INTERNATIONAL酔談会議]

date:2016 march 13(mon)

Live:

Camélia Jordana (Live)

闘う花会(花いけLive)

open/start 18:30/19:30

fee:adv/door 3000/3500+1D)600

Facebook Event Page

■ Camélia Jordana カメリア・ジョルダナ (歌手・女優)

1992年、フランスのトゥーロン生まれ。2009年に新しいスターを発掘するTV番組で、その70年代風のルックスとジャズィーな歌声で観客と審査員を魅了し、一週間後にはソニー・ミュージックと契約。2010年にファーストアルバム『Camélia Jordana』を発表し、大ヒットを記録し、フランスの様々な音楽賞を受賞。そんな中、映画に抜擢されるなど女優としても注目される。また2014年には、セカンドアルバム『Dans la peau.』 をリリース。2015年にパリで起きたテロ事件の追悼式典では歌を披露し、その後フランスの国民的な週刊誌『L’OBS』で”2016年の人”として表紙 に登場し、フランス共和国を象徴するマリアンヌに扮し登場したことが話題になった。フランスの今をときめく人である。

【Camélia Jordana 公式サイト】

【参考映像】

・Camélia Jordana – Non, Non, Non (PV)

PV2

・エディット・ピアフ「愛の讃歌」を歌うCamélia Jordana

上野 雄次(花道家/アーティスト)

京都府出身

1988年花いけを学び始める。2005年より「花いけ」のライブ・パフォーマンスを開始。地脈を読み取りモノと花材を選び抜き、いけることの独自な世界を立ち上げ続けている。創造と破壊を繰り返すその予測不可能な展開は、各分野から熱烈な支持を得ている。詩人、写真家、音楽家などコラボレーションも多数。

*************************
平間磨理夫 (華道家)


1977年、福島県二本松市生まれ。
日本文化の美の本質を追求する視線と、花、器、空間に対する
深い思慮によって紡ぎだされる花の世界は、静かでありながら
圧倒的な強さを持つ。
その活動は、舞台装花といった空間演出から、ギャラリーでの添え花、ライブパフォーマンスまで幅広い。
彼岸と此岸を行き来する眼差しは、常に、花の命を扱う「いける」という行為の意味を問い続けている。
http://www.hirama-mario.com/

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら