これからの予定

2016.7.11.月.

チューリッヒ・ダダ100周年企画
代官山映画会 vol.03『カリガリ博士』and more上映会と鼎談
片岡一郎、坂本坂本頼光、アーロン・ジェロー(イェール大学教授)

上映作品

坂本頼光 :

カリガリ博士 (1920)

/The Cabinet of Dr. Caligari

/ Das Kabinett des Doktor Caligari

Director:ローベルト・ヴィーネ

片岡一郎 :

『巨人ゴーレム』

Direcotor: パウル・ヴェグナー

サイレント映画黄金期に3本制作されたうち現存する唯一のヴェゲナーに

よるゴーレム作品。

海外での活躍が目覚ましい無声映画の活動弁士片岡一郎、創作アニメーション『サザザさん』のクリエイターでもある活動弁士・坂本頼光。

米国・イェール大学映画学科教授・アーロン・ジェローと活動弁士二人と日本映画とダダイズムの影響に関する鼎談。

片岡一郎/ Kataoka Ichiro ☆HP☆

現在、国際的に最も活躍している弁士で。これまで講演した国はアメリカ、ドイツ、クロアチア、オーストラリア、チェコ等。

日本大学芸術学部演劇学科を卒業、活動写真弁士の第一人者である澤登翠に入門。

日本の伝統的なスタイルと弁士の芸術を現代に伝えている。

これまで演じた無声映画は約300作品。弁士の他に声優や文筆としても活動。

坂本頼光/Raiko Sakamoto ☆HP☆

2000年12月『鞍馬天狗』でデビュー。以降、時代劇作品を中心に活弁ライブを開催。現在迄のレパートリーは約100本。映画祭、演芸場他多数出演、自作動画やイラストを用いた活弁パフォーマンスも行う傍ら、近年は
アニメーションの声優、CM、バラエティ番組のナレーション等、活動の幅を広げている。

2000年12月『鞍馬天狗』でデビュー。以降、時代劇作品を中心に活弁ライブを開催。現在迄のレパートリーは約100本。映画祭、演芸場他多数出演、自作動画やイラストを用いた活弁パフォーマンスも行う傍ら、近年はアニメーションの声優、CM、バラエティ番組のナレーション等、活動の幅を広げている。

アーロン・ジェロー/ Aaron Gerow  ☆HP☆

1985年にコロンビア大学人文学部を卒業後、1987年、同大大学院芸術学科で修士号(M.F.A)を取得。1992年、アイオワ大学大学院アジア言語・文学科で修士号(M.A.)を取得後、1996年に同大大学院コミュニケーション学科博士課程で博士号(Ph.D.)を取得した。横浜国立大学留学生センター助教授を経て、現在はイエール大学映画学プログラム及び東アジア言語・文学科(兼但)教授。東アジア映画研究博士課程を中心に担当。研究分野は日本映画史、日本のポピュラー・カルチャー、マンガ、テレビ等。山形国際ドキュメンタリー映画祭のコーディネーターの経験もあり、1995年から12年間 『The Daily Yomiuri』 の日本映画評を担当、『映画芸術』 でベストテンをも選考。日本映像学会会員、元常任理事。


開18:00演19:00・前 3,000当3,500+1D¥600

※入場はご到着順となります。

メールでのご予約

電話でのご予約

peatix 予約 http://caligari0711.peatix.com/

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら