これからの予定

2016.11.5.土.

中塚武×DE DE MOUSE
畳の上で聴こう「互いの曲を交互に演奏する会」

(左)中塚武、(右)DE DE MOUSE

とあるカフェで雑談中の中塚武とDE DE MOUSE。

「転換時間ってどうにかならないかなぁ。」

「じゃ楽器を全部ステージに乗せちゃえばいいんじゃない?」
「じゃあ演者全員もステージに乗せて1曲1曲交代に演奏すれば時間の節約になるね。」
「それ面白そうだからそれやってみよう!」

という会話から本イベントの開催が決定!!!!

打ち込みだけでなくバンドセットライブも行う両者だから実現できる
back to backスタイルでのバンドセットライブセッション!!!
1ステージに両者のバンドセットを組み上げ、転換なしで互いの曲を交互にシャッフルしていく一夜。
イベントタイトルにおいても「shuffle A and B」という仮タイトルを”畳敷きにしてくれる晴れ豆さんでやるからこそのイベント名にしようよ”というDE DE MOUSEの一言で決まった、題して「互いの曲を交互に演奏する会」。
果たして何が起こるのか!?無礼講なのか!?

畳の上で存分にお楽しみください。

畳の上で聴こう

「互いの曲を交互に演奏する会」

出演

中塚武 公式サイト

DE DE MOUSE 公式サイト

開 18:30 演 19:30 ・ 前 3,500 当  4,000 (ともに1D別)

・共にBAND形式での演奏です

・会場は畳敷きです

・スタンディングです

整理番号順入場

メールでのご予約 2016年9月27日(火) 0時より

電話でのご予約 2016年9月27日(火) 15時より

中塚武 プロフィール
シンガーソングライター、サウンドクリエイター。
自ら主宰するバンドQYPTHONE(キップソーン)としてドイツのコンピレーションアルバム『SUSHI4004』で海外デビュー以降、CM・テレビ番組・映画音楽の制作・アーティストへの楽曲提供と幅広く活動。これまでに6枚のオリジナル・ソロアルバムをリリース。
2013年にソロ活動10周年を迎え、作詞・作曲・編曲・歌唱・ピアノ演奏をすべて一人で行ったフルアルバム『Lyrics』、新世代ビッグバンド“イガバンBB”とのコラボレーション・カヴァーアルバム『Big Band Back Beat』を立て続けにリリース。
2014年4月には、自身初のベストアルバム『Swinger Song Writer』をリリース。新曲「〇の∞」がNHK「サイエンスZERO」のテーマ曲となり、iTunes Store JAZZチャート1位を獲得した。
2014年11月、Disneyオフィシャルアルバム『Disney piano jazz HAPPINESS Deluxe Edition』をリリース。「Let It Go」を含むDisney楽曲を独自の編曲とピアノ演奏によって再解釈し、Disneyファンからも大きな反響を得た。
2016年3月には、通算7枚目のアルバム『EYE』をリリース。

中塚武 オフィシャルウェブサイト http://www.nakatsukatakeshi.com/

DE DE MOUSE プロフィール

遠藤大介によるソロプロジェクト。作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。また、自身の曲のプログラミングやミックス、映像もこなす。
織り重なり合う、計算しつくされたメロディと再構築された「歌」としてのカットアップサンプリングボイス。流麗に進む和音構成と相交わりから聞こえてくるのは煌びやかで影のある誰にも真似出来ない極上のポップソング。沁み渡るような郊外と夜の世界の美しい響きから感じる不思議な浮遊感と孤独感は、多くのクリエイターにインスピレーションを与えている。
ライブスタイルの振れ幅も広く、ツインドラムで構成されリズムの高揚感を体現するDE DE MOUSE + Drumrollsや、縦横無尽に飛び回るDJスタイル、即興とセッションで繰り広げるDE DE MOUSE + his drumner名義に、映像を喚起させるDE DE MOUSE + Soundandvisions名義など、多種多様のステージングを展開。 FUJI ROCK FESTIVALやTAICOCLUB、RISING SUN ROCK FESTIVAL、GREENROOM FESTIVALにSonarSound Tokyoなど多くのフェスティバルにも出演、イギリスやフランス、ドイツなど海外遠征も盛んに行っている。
近年では実験的な試みを体現する主催イベント”not”や即日完売が恒例となっているプラネタリウムを舞台にした演奏会や、盆踊りイベント等、音楽イベントを飛び越えた活動も始め、イベントの演出やその完成度が、各方面から多くの注目を受ける。また、ファッションやアニメ、ゲームなど他ジャンルからの支持も強く、作品、グッズ、イベントに至る全てのプロデュースを手がけると共にファッションブランド等とのコラボレーションワークも数多く行なっている。
2012年にnot recordsを始動。
2015年6月~7月にはレーベル3周年として「youth 99」「milkyway drive」の2枚のEPを発売。
そして12/2に、ジャケットイラストに『ファイナルファンタジーXII』や『タクティクスオウガ』のキャラク
ターデザインを手掛け、DE DE MOUSE 3rdアルバム「A journey to freedom」を手掛けた吉田明彦氏と再びタッグを組んだ3年ぶり5枚目のオリジナルフルアルバム「farewell holiday!」をリリース。
今作では本編収録楽曲のremix / リアレンジ音源等をパッケージ付属のDLカード上にて発表していくという新しい形のアルバムプロジェクトを敢行中。
そして、立て続けに2016年夏には夏祭りをテーマにしたEP「summer twlight」を発表。
DE DE MOUSE is distinguished by his one of a kind music style and dynamic live DJ sets with keyboard performances.
Mixing tribal music from Tibet, Indonesia and children’s voices with a touch of his soul, DE DE MOUSE chips them into single sounds and edits them to create significant melodies.
From Acid House to Amen Break, and Hip Hop to Fusion, he links and mixes keywords together to create new sounds for the Electric scene.
A mix of sounds of synthesizer intertwined with unique chords, he creates an energetic beat that fits in the breakcore genre.
Not only his musical approach but his live performance is extraordinary.
He puts full of his energy and creative ideas into his live set to entertain his audience.
The style of live performance changes from time to time, such as aggressive twin drums style, dance remixes, piano solo and so on.
DE DE MOUSE also collaborates with other artists and creators from all over the world in fashion, game, graphic and art industry.
http://www.dedemouse.com/
晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら