これからの予定

2017.2.18.土.

青葉市子×三宅純×渡辺等×山本達久 live mix by zAk

青葉市子
三宅純 (photo by Jean Paul Goude)

渡辺等

山本達久

~完売御礼 THANK YOU SOLD OUT~

【当日券ご希望のお客様へ】
各ショウの開場15分前よりご来店順にお名前を頂戴し

開演直前のご案内とさせていただきます

出演

青葉市子 (vo, g) 公式サイト

三宅純 (p, Fender Rhodes, flugelhorn) 公式サイト

渡辺等 (b, cello, etc…) 公式サイト

山本達久 (ds) 公式サイト

1st show 開 18:00 演 18:30

2nd show 開 20:00 演 20:30

入れ替え制です

ご予約の際、必ず1st/2ndどちらかの旨をご明記ください

前 4,500/5,000 (お土産無/有) 当 5,000+1D(¥600)

優先入場かつお得な通し券(9,000)もございます

通し券は、晴れ豆での予約のみ取り扱います

会場内フロアは畳敷きです

コインロッカーはございません

座布団持ち込み自由

チケット

<プレイガイドでの事前購入>

・イープラス 2017年1月14日(土) 10:00~

<晴れ豆でのご予約>

メールでのご予約 2017年1月15日(日) 0:00~

電話でのご予約 2017年1月15日(日) 15:00~

整理番号順のご入場です(イープラス、晴れ豆予約並列入場)

青葉市子 プロフィール

1990年生まれ。

2010年、1stアルバム『剃刀乙女』でデビュー。

2016年10月に5枚目となる3年ぶりのソロアルバム「マホロボシヤ」をリリース。

舞台作品では『レミング~世界の涯まで連れてって~』

『cocoon』『0123』への出演や朗読劇『みつあみの神様』の音楽を担当。

その他CM音楽、ナレーション、イラスト、作詞家、エッセイ等様々な分野で活動中。

三宅純 プロフィール

日野皓正に見出され、バークリー音楽大学に学び、ジャズトランぺッターとして活動開始。以後、作曲家としてCM、映画、アニメ、ドキュメンタリー、コンテンポラリー・ダンス等多くの作品を手掛ける。

3000作を超えるCM作品にはカンヌ国際広告映画祭等、受賞作多数。ピナ・バウシュ、ヴィム・ヴェンダース、ロバート・ウィルソン、フィリップ・ドゥクフレ、オリバー・ストーン、ジャン=ポール・グード、大友克洋らの作品に参加、異種交配を多用した個性的なサウンドは国際的賞賛を受けている。

2005年よりパリにも拠点を設け、アルバム”Stolen from strangers(‘07)”、“Lost Memory Theatre act-1(‘13)”、“Lost Memory Theatre act-2(‘14)”は仏独の音楽誌で年間ベストアルバム賞・音楽批評家大賞等を受賞。ギャラリーラファイエット・オム「2009年の男」に選ばれ、パリの街を三宅のポスターが飾った。主要楽曲を提供したヴィム・ヴェンダース監督「ピナ/踊り続けるいのち」は2011年ヨーロッパ映画賞 でベスト・ドキュメンタリー賞受賞、2012年には米・英のアカデミー賞にノミネートされた。

渡辺等 プロフィール

coming soon

山本達久 プロフィール

1982年10月25日生。drummer。

2007年まで地元山口県防府市bar印度洋を拠点に、様々な音楽活動と並行して様々なイベントのオーガナイズをするなど精力的に活動し、基本となる音楽観、人生観などの礎を築く。

現在では、ソロや即興演奏を軸に、Jim O’rourke/石橋英子/須藤俊明との様々な活動をはじめ、オハナミ、カフカ鼾、石橋英子ともう死んだ人たち、前野健太とソープランダーズ、坂田明4、NATSUMEN、石原洋withFRIENDSなどのバンド活動多数。ex.芸害。

青葉市子、UA、カヒミ・カリィ、木村カエラ、柴田聡子、七尾旅人、長谷川健一、phew、ヤマジカズヒデ、山本精一、Gofishなど歌手の録音、ライブサポート多数。

演劇の生伴奏・音楽担当として、SWANNY、マームとジプシーなど、主に都内を中心に活動。

2011年、ロンドンのバービカンセンターにソロパフォーマンスとして招聘されるなど、海外公演、録音物も多数。

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら