これからの予定

2017.2.19.日.

阿波の国Presents Distance Between Zero&0ne Vol.4

マシーンでは再現できない0と1の間の「それ」を「する」事のできる人間が創造する「花いけ」と「生音」の共演 「Distance Between Zero&0ne Vol.4」
Live花いけの可能性を大きく切り開き、大きな反響を産んだ前回に引き続き、更なる実験を繰り広げます。

この度のいけては、

2000年世界蘭展のフラワーデザイン部門最優秀賞、同年東京カップのオブジェ部門最優 秀賞受賞。 2008年ジャパンカップ・フラワーデザイン競技会にて優勝、内閣総理大臣賞を受賞し日本一に輝く、第一園芸株式会社 デザイナー 新井 光史。

地脈を読み取りモノと花材を選び抜き、いけることの独自な世界を立ち上げ続け、創造と破壊を繰り返すその予測不可能な展開は各分野から熱烈な支持を得ている 花道家 上野雄次。

流派にとらわれない自由な発想の作風、日常から花に触れエネルギーを感じること、それをいける喜びを伝え、木工作家や陶芸家とのコラボ展示や、個展、生け花ライブなど幅広く活動する華道家 小春丸。

東京都出身1989年 ゴトウフローリスト入社帝国ホテルにて店長とデザイナーを兼任、今までに数多くの著名人のウェディングを手掛け、2000件以上のウェディング装飾を担当するデザイン事務所 ANIMUS FLORAL DESIGN代表、Designer 宮永英之。

自然素材を用いて、暮らしの中で楽しむネイチャークラフトのテクニックを駆使した作品を多数発表、そのユニークでポップな作風には定評がある、ネイチャークラフトの鬼才マミフラワーデザインスクール本部講師、Designer 濱中喜弘。

そして、本文化の美の本質を追求する視線と、花、器、空間 に対する深い思慮によって紡ぎだされる花の世界は、 静かでありながら圧倒的な強さを持ち、常に、花の命を扱う 「いける」という行為の意味を問い続ける、華道家 平間磨理夫と、今回も超豪華な顔ぶれ。

そしてこの度のsoundを担当して頂くのは、日本の誇るパーカッショニスト、大儀見元!!

最近刺激の足りない方、一張羅がタンスに眠っている方、不感症な方、機会です。

Let’s get lost In with us!!

 

*****************************************

阿波の国Presents

「Distance between Zero&0ne Vol.4」

いけて:
新井 光史(Designer)
上野雄次(花道家)
小春丸(華道家)
宮永英之(Designer)
濱中喜弘(Designer)
平間磨理夫 (華道家)

音:大儀見元

MC:桃江メロン(作家/晴れ豆INTERNATIONAL)
解説:川崎景介(マミーフラワーデザインスクール校長/花文化研究者)

開18:00 演19:00

前 ¥3,000-(1d別)
当 ¥3,500-(1d別)
*ご到着順のご入場となります

チケット予約)

*****************************************************************************

photo by Junko Suzuki

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら