新しいお知らせ

2017.6.10.土.

晴れ豆インターナショナル presents テイラー・デュプリー × 青葉市子 “TIDA tour 2017”

Taylor Deupree

青葉市子

晴れ豆インターナショナル presents

テイラー・デュプリー × 青葉市子

“TIDA tour 2017”

Hare-Mame International presents

Taylor Deupree × Ichiko Aoba

“TIDA tour 2017”

青葉市子 (vo, g) 公式HP

テイラー・デュプリー/Taylor Deupree (electronics) 公式HP

<京都公演>

2017年6月9日(金) 京都 クラブメトロ

open/start 19:00/19:30

info: 075-752-4765 ⇦詳細は会場にお問い合わせください

<東京公演> フロアは畳敷きです。-

2017年6月11日(日) 代官山 晴れたら空に豆まいて

1st show – open/start 18:30/19:00 4/15 (sat) 発売開始!

2nd show – open/start 21:00/21:30 4/15 (sat) 発売開始!

前 5,400-/5,900- (土産無/土産付)  当 5,900- +1d

完全限定製作、アーティスト・デザインのお土産付きチケットがございます。

ご希望のお客様は、ご予約/ご購入の際に必ずご指定ください。

優先入場の通し券

1日通し券 10,000- d別 土産付

テイラー・デュプリー / Taylor Deupree

1971年生。ニューヨーク在住の、サウンドアーティスト、グラフィックデザイナー、写真家として活動。1997年1月1日、彼は、デジタルミニマリズム と現代様式に焦点をあてた音楽レーベル12kを設立し、日本でも人気を博す。 音楽家としては、Ritornell/Mille Plateaux, Raster-Noton, SPEKK, Sub Rosaを含む、世界中のレーベルからリリース。 1999年1月、NYのレーベル、Caipirinha Musicのために “Microscopic Sound. ” という名のコンピレ-ションアルバムを制作。 このリリースは同スタイルのアーティスト達を集めたものとしては最初の部類で、盛り上がりつつあったこの種の電子音楽のジャンルに「マイクロスコピック・ サウンド」という今のクリック・テクノの原型となる名前を付けるほどの1枚となる。 デュプリーは、他にもPrototype 909, SETI, Human Mesh Dance, Futique(1992-1996),Andoなどのテクノプロジェクト、また坂本龍一、Christopher Willitsを含めたくさんのコラボレーションを行っている。

青葉市子/Ichiko Aoba

音楽家
2010年よりオリジナルアルバムを発表。
これまでに5枚のソロアルバムリリースしている。
活動は多岐に渡り、舞台出演や劇伴、ミュージカル作品の作詞、CM音楽、ナレーション等幅広く活動中。

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら