これからの予定

2018.1.14.日.

【昼】「日曜音浴」with セカイイチ × 東京60WATTS

2018年!!
明けて間もない、日曜の昼間の豪華2マン、グッドミュージック音浴!!
会場は全面畳敷き!! なのでお子さんも大歓迎です。
一人でも、家族でも、代官山の畳敷きの空間で、音浴と洒落込みましょう!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Live:
セカイイチ
東京60WATTS
(50音順)

前)3000 当)3500  共に+1d(600)

開)11:30 演)12:00

到着順入場

メールでのご予約
電話でのご予約

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

セカイイチ

2001年、Vo・岩崎慧がDr・吉澤響を誘い、「アコギボーカルとドラム」という縦一列編成でライブをスタート。
2002年にGt・中内正之、2003年にBa・泉健太郎が加入し「セカイイチ」を結成。
同年12月にミニアルバム『今日あの橋の向こうまで』をリリース。
2005年4月にシングル『石コロブ』で、トイズ・ファクトリーよりメジャーデビューを果たす。
デビュー以降、現在に至るまでアルバム7枚、ミニアルバム2枚、シングル7枚をリリースしている。

結成10周年というメモリアルイヤーとも言える2013年に、Ba・泉が突然の脱退。それでも活動を止めることなく、サポートベースを迎え全国でライブを展開し、
同年11月には、キャリア初となる赤坂BLITZでのワンマンライブを成功させた。
2014年7月、自主レーベル『Anaheim Records』の立ち上げを発表。10月15日に満を持して2年7ヶ月振りのオリジナル作品『Anaheim Apart』をリリースする。
2015年4月でメジャーデビュー10周年を迎え、5月にはメジャーデビュー10周年を記念したリクエストワンマンライブを東名阪で開催させる。
2016年3月、Anaheim Recordsより8枚目のフルアルバム『Round Table』リリース!!

岩崎の根底に流れるソウルフルな歌と、その歌と呼吸を共にするバンドのうねるようなグルーヴ。
デビュー以来、ジャンルの枠にとらわれず、グッドミュージックを鳴らし続ける歌ものロックバンド。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

東京60WATTS

’99年、立教大学のサークルにて結成。
’03年8月 インディーズ盤 ミニアルバム「すべてのバカモノへ」を発売。
’04年1月 シングル「外は寒いから / ふわふわ」で東芝EMIからデビュー。
FM802のヘビーローテーション、T-FMのセレクション等に選出される。
’04年3月に1st ALBUM「WATTS!GOING ON」をリリース。
FM802主催の大阪バナナホールで行われたショーケースワンマンライブは、300名の当選枠に対し10倍もの応募が殺到。
同年6月には、初のワンマンライブを東京shibuya-AX・大阪BIG CATで行う。
’05年9月には細野晴巨、小坂 忠ら日本を代表するミュージシャンを生んだ地、狭山市で行われた、「ハイドパークフェスティバル」にVo.大川とPf.杉浦が新人としては異例の大抜擢で参加。
’05年自主レーベル「HIKARIMON RECORDS」を設立。
’07年1月、満を持して2ndフルアルバム「東京」を約3年ぶりに発表し、発売記念ワンマンライブを東京 代官山UNIT・大阪 梅田シャングリラで開催。大阪公演はSOLD OUT!追加公演を神戸にて行う。
同年9月には4thミニアルバム「夏は終わりぬ」を発表。
11月には発売記念ワンマンライブを東京 代官山UNIT、大阪 心斎橋club QUATTROにて開催。満員御礼。
’08年5月21日には、インディーズ時代からの古なじみである常田真太郎(スキマスイッチ)プロデュースにより、待望の2ndシングル「たまにはこんなラブ・ソング」を、6月25日には3rd ALBUM「60」を発表。
また、翌月の7月には東京 代官山UNIT、大阪 心斎橋club QUATTROにてワンマンライブを行う。
’08年11月19日初のライブアルバム『WATTS! LIVE!!』(DVD付き)発売。
’09年に結成10周年を迎え、’10年1月27日に1年に渡る制作期間を経て、待望の4thアルバム「nowhere」を発表。
’10年3月には初のベストアルバム『TOKYO60WATTS』を発売。
’10年9月、活動休止を発表。

’15年5月13日に5年ぶりのオリジナルフルアルバム「サヨナラトーキョー」をリリースを皮切りに、大川たけし(Vo/Gt)、杉浦琢雄(Pf/Vo)、森利昭(Dr)の3人で活動再開。

 

 

 

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら