これからの予定

2018.6.20.水.

ロルファー・Tのロルフィング対話 in 代官山 vol.05 能∞ロルフィング 第2弾 「憑依と肚について,空間に於ける位置関係のパフォーマンスに与える影響」

田畑浩良安田登

ロルファー田畑浩良先生の体験型トークイベント。

前回、能∞ロルフィング第1弾で準備しながら、やりきれなかったテーマとともに、自分であって自分でないような変性意識状態や憑依について、そして空間における位置関係がパフォーマンスに与える影響についてもお話いただきます。

ロルファー田畑さんの体験型トークイベントは、これまで、古武術の甲野善紀先生、ヒモトレの小関先生、NYの小林健先生、そして奥様の吉本ばななさん・・・等々スーパー興味深い方たちをお招きして繰り広げていただきました。さて、、、今回も会場の皆さんを巻き込みながら、深いテーマに挑んでいただきます。

開 18:30 演 19:30 ・前 4500 当 5000 +1D 600

学前2500 学当 3000 +1D 600

□整理番号順入場

□会場は畳敷き(椅子席あり)

□要別途1ドリンク600円

晴れたら空に豆まいて:受け付け中

メールでのご予約

電話でのご予約

イープラス:受け付け 4/28〜

ぴあ:受け付け:4/28〜

Pコード:486751

田畑浩良 :

東京都在住,本籍会津若松市。ロルファー,ヒーリング・アーティスト。1998年に米国Rolf Institute 認定ロルファーとなり,Rolfing®個人セッションの提供を開始。繊細な介入によって,受け手が内側から変化を起こすための場の探求を進め,細胞の振る舞いと,”間”を積極的に利用したイールド・アプローチを発展させる。Rolf Instituteのムーブメント部門の教員として,ロルファーの継続教育に関わり,国内及び米国で教えている。20178月には,「治すのではない,治る力を引き出す治療」を実践している小林 健 自然療法医師から,マスターヒーラーとしての認定を受ける。

安田登

1956年生まれ。能楽師(ワキ方・下掛宝生流)。東京を中心に舞台を勤めるほか、海外公演も行う(本年はシュメール語による作品『イナンナの冥界下り』で、イギリス・リトアニア公演を行った)。また能のメソッドを使った作品の創作、出演も行う(昨年は金沢の21世紀美術館の依頼により泉鏡花の『天守物語』を上演し、今年度は同作品を島根県でも上演の予定)。『論語』を学ぶ寺子屋「遊学
塾」を主宰し、全国で出張寺子屋を行う。著書『変調「日本の古典」講義  身体で読む伝統・教養・知性(内田樹氏と共著:祥伝社)』、『能~650年続いた仕掛けとは(新潮新書)』、『あわいの時代の論語(春秋社)』、『異界を旅する能(ちくま文庫)』、『あわいの力(ミシマ社)』、『イナンナの冥界下り(ミシマ社))』、『日本人の身体(ちくま新書)』、『身体感覚で『論語』を読みなおす。(春秋社)』、『身体感覚で芭蕉を読みなおす。(春秋社)』など多数。

晴れたら空に豆まいてのお食事・お飲物についてはこちら

All sales are final and there are no refunds or exchanges available for ticket purchases.

お支払い済みのチケットに関しての払い戻し、交換は承っておりません。

 

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら