これからの予定

2018.7.23.月.

湯山玲子の爆クラ!<第72夜>ゲスト池谷裕二

席亭:湯山玲子 ゲスト:池谷裕二

クラシック音楽の新しい聴き方を提案する、ポストクラブ時代のトーク&リスニングイベント爆クラ! 。第72夜のゲストは脳研究者/池谷裕二。

開19:15 演 20:00 ・前3000/ 学割 1500 /当 3500/ 学割当2000 +1D 600

整理番号順入場要別途1ドリンク代金会場は畳敷き(椅子席あり)

メールでのご予約

電話でのご予約

ゲスト:池谷裕二(いけがや・ゆうじ)

東京大学・薬学部・教授

1970年生まれ。1998年に東京大学にて薬学博士号を取得。2002~2005年にコロンビア大学(米ニューヨーク)に留学をはさみ、2014年より現職(東京大学薬学部教授)。専門分野は大脳生理学。とくに海馬の研究を通じて、脳の健康について探究している 。文部科学大臣表彰 若手科学者賞(2008年)、日本学術振興会賞(2013年)、日本学士院学術奨励賞(2013年)などを受賞。著書に『海馬』『記憶力を強くする』『進化しすぎた脳』などがある。

席亭:湯山玲子(ゆやまれいこ)

著述家、ディレクター。爆クラ! 主宰。著作に『女ひとり寿司』(幻冬舍文庫)、『女装する女』(新潮新書)、『四十路越え!』(角川文庫)、上野千鶴子との対談集「快楽上等!  3.11以降の生き方」(幻冬舎)。『ベルばら手帖 マンガの金字塔をオトナ読み』(マガジンハウス)、『文化系女子の生き方』(大和書房)、『渇! 迷える女子の人生相談』(小学館)『男をこじらせる前に』(角川文庫)、など。父君がクラシック作曲家、湯山昭という環境に育ちつつも、ハマったのはクラブミュージックで、著書『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)は、クラブ文化を都市や歴史風土の観点から分析、論考を行った。近年はテレビコメンテーターとしても活動。日本大学藝術学部文芸学科非常勤講師。

晴れ豆のお食事・お飲物についてはこちら

※ご予約後のキャンセル、お支払い済みのチケットの返金は承っておりません。

※ We’re sorry, but all sales are final and there are no refunds or exchanges available for ticket purchases.

 

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら