これからの予定

2018.8.21.火.

『代官山 晴れたら空に豆まいて 12周年記念』TOKU Meets CUBA!!

 

先日CUBAを訪れたばかりのTOKUが、その吸収して来たフィーリングを表現する為に、東京の気鋭のartistを招いて開催するspecial企画、TOKU Meets CUBA!!

本人も初めての試みとなる、今までにないTOKU soundにご期待下さい!

 

開 18:30 演 19:30

前 4,000 当 4,500 +1D 600

*整理番号順入場(店頭予約 、e+でお買い求めのお客様の並列入場となります)

メールでのご予約

e+

電話でのご予約

 

出演)

TOKU(vo,flhg,tp)
佐々木誠(vo, per)
斎藤タカヤ(p)
鈴木正人(b)
西藤ヒロノブ(g)
仙道さおり(per)

 

DJ:SHIN MIYATA(Barrio Gold Records)

 

 
 
日本唯一のヴォーカリスト&フリューゲルホーンプレーヤー。
父親の影響でノンジャンルで音楽に親しみ、中学時代にブラスバンドで初めての楽器コルネットを手にする。
2000年アルバム“Everythig She Said”でSMEよりデビュー。デビュー当初からヴォーカル&フリューゲルホーンプレイヤーとしての音楽スタイルや音楽センスに注目を集め、その年の8月には早くもブルーノート東京に出演。一躍日本のジャズトップシーンの仲間入りを果たす。また、アルバムはアジア各国でもリリースされ、海外での公演も行っている。その後は定期的なCD発売と全国のジャズフェス出演や国内外ツアーをデビュー以来続け人気、実力ともに若手ジャズアーティストNo.1の座を築く一方で、2011年3月の東日本大震災の直後に行われた、シンディー・ローパーの国内ツアーにも参加し、話題となった。2015年10月、フランクシナトラの生誕100周年を記念して全曲シナトラのカバーアルバムを発売、そのレベルの高さに各所で大絶賛を浴びる。2017年6月アルバム「SHAKE」発売。この作品はTOKUならではの他ジャンルの様々なアーティストとの交歓を実践しジャンルを超えて一つの繋がりを持ちたいというTOKUの思いが込められた作品となる。また、ジャズの枠を超えた幅広い音楽性から、m-flo,、平井堅、Skoop On Somebody、今井美樹、大黒摩季、佐藤竹善などのアルバムに作家、プレイヤーとして参加するなど、正に「本籍Jazz、住所不定」のアーティストとして現在の地位を築く。近年では積極的に海外での活動も行っており、フランスやイギリスを中心とした欧州、ニューヨークを中心とした米国、アジア各国と様々な国の様々な音楽やアーティストの共演も行ってライブやイベントに出演している。

 

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら

 

晴れたら空に豆まいて 今月のおすすめはこちら